ホーム>人工芝の知識箱>人工芝と天然芝の違い

人工芝と天然芝の違い

人工芝は、手入れが苦手な方や環境が整っていない庭に最適

人工芝のメリット

  • お手入れ簡単で維持が楽チン
  • ランニングコスト(維持管理費)が低い
  • 子供やペットが遊びやすい
  • 冬でも青々とした芝が楽しめる
  • 日当たりの悪い場所、環境が整っていない庭でも維持が簡単

人工芝のデメリット

  • 導入時のコストが高い
    ⇒ 芝刈りや水やりの手間・ランニングコストを考えると十分に元が取れます。
      DIYで施工すれば、天然芝工事を造園屋さんに頼むよりコストを抑えられます。
     
  • 年数が経つと芝が寝てしまう
    ⇒ デッキブラシ等で起こしてあげると風合いが戻ります。
     
  • 寿命がある

天然芝との最大の違いは、お手入れの手間とランニングコスト

天然芝のメリット

  • 手入れが行き届いた芝はきれい
  • 泥やぬかるみがなくなる
  • 初期コストが安い
  • ふかふかの感触が良い

天然芝のデメリット

  • お手入れが必要で虫も多い
  • 芝の間に生えた雑草対策が大変
  • 冬場は枯れたようになってしまう
  • 水やりや肥料をあげたり、ランニングコスト(維持費)がかかる
ページの先頭へ戻る