ホーム>人工芝の知識箱>人工芝と天然芝の違い

人工芝と天然芝の違い

人工芝と天然芝の違いとは


人工芝と天然芝には、それぞれに 利点 や 欠点 があります。
どちらか一方ではなく、ご利用環境に応じて使い分けるのがオススメです。

 

種 別 天 然 芝 人 工 芝

利 点

(メリット)

  • 青々とした芝草が広がると
    美観に優れ、目にもやさしい。
     
  • 夏場でもひんやりと過ごしやすい。
     
  • ふかふかの感触が気持ちいい。
     
  • 自然とのふれあいが増え、子どもや
    ペットの生育環境が向上。(情操教育)
  • 季節を問わず、1年を通じて
    青々とした芝草が目前に広がる。
     
  • 日当たりに関係なく、利用可能。
     
  • お手入れが少なく、楽チン。
    余計な維持費用も掛からない。
     
  • 天候に左右されず、降雨後も泥汚れや
    ぬかるみに悩まされることがない。

欠 点

(デメリット)

  • 日々の管理が必要不可欠。
    (散水・芝刈り・雑草取りなど)
     
  • 水やりや肥料をあげたり、
    ランニングコスト(維持費)が掛かる。
     
  • 日当たりの悪い場所では育たない。
     
  • 品種によって冬場は枯れたようになる。
  • 天然芝に比べると夏場は照り返しが強く、
    暑く感じやすい。表面温度も高くなる。
     
  • 火気の使用に注意が必要。
    (花火・たばこ・BBQなど)
     
  • 消耗品である。(寿命がある)
     
  • 天然芝に比べると導入費用が掛かる。

 

 管理の行き届いた 天然芝 に勝るものはありません。
 お手入れが苦手な方や生育条件が整っていない場所には「人工芝の利用」が最適です。

ページの先頭へ戻る